温度差からの自律神経

温度差からの自律神経

夏の声を聞くと、確実に夏バテを生じるような人もいれば、今まで生きてきた過程で、一回も苦しんだことがないような人も見受けられます。
夏バテが起こるメカニズムを理解しておけば、未然に防ぐことも可能です。

暑さによって陥る症状ということからも理解できるように、体の内側に熱が溜まることは無関係ではないでしょう。
気持ちの良い気温をキープ出来ていれば大丈夫なのですが、暑さが長引くと体内温度の調節がスムーズにいかなくなってしまいます。

さらに、気温の高い外とエアコンで涼しくなった中を出たり入ったりしている人は特別注意が必要です。
この理由は、気温が激しく違う場所を行ったり来たりすると、自律神経の働きが弱まってしまうからです。

自律神経というのは、体温をコントロールするための働きを持っています。
暑い場所では汗をかくように、寒い場所では血管の拡張を抑えるようにして、体温のコントロールを行います。
ただ、温度の変化にすぐに対処できないことが多くあります。
暑い外から涼しい屋内に入ってきても、しばらくは体の中に蓄積された熱を出す働きを続けます。

そうすると、体温が必要以上に出てしまうという問題が発生してしまいます。
このことが度重なることで、自律神経が疲れを感じると、上手に体温をコントロールすることができなくなります。
夏バテで生じる症状として、頭痛やめまいを感じている人は、自律神経に負荷がかかっていると考えていいでしょう。
大きな温度変化をなるべく避け、暑い屋外から冷えた屋内に移動する際には、軽く上着を羽織るなどして夏バテ対策を行いましょう。