ペットの夏バテ

ペットの夏バテ

夏バテが起きるのは、人間に限定されません。
ペットも同様で食欲が低下したり、体調が低下したりします。
この問題は、飼い主がきちんとチェックして、間違いのないケアを施すように心掛けることが求められます。

いつもより調子が悪そうにしていたり、普段はぺろりと平らげるご飯を食べたくなさそうだったりしていませんか。
ペットの夏バテについてよく知られている症状は、食欲が減退してしまうことです。
餌を手作りしてみたり、なるべく早く手を打ちましょう。
それから、夏場はペットの餌もすぐに腐ってしまいます。

このことが原因で口にしなくなるケースもありますから、毎日鮮度のいい餌をあげるように心がけましょう。
工夫をしても食べてくれない場合は、においによって食欲増進をはかるというのもいいかもしれません。

ドライフードのタイプによっては、水分を吸収することでにおいが目立つものも見られますよね。
またさらに、気温の変動に伴って夏バテに陥るというトラブルは、人間もペットも異なりません。
冷房で冷やした室内から散歩のため外に出て、また気温の下がった室内に移るとなると身体への負担が大きくなってしまいます。

注意したいことは、ペットが活動する位置で温度がどう変化するかという部分に配慮するということです。
普通ペットは、人と比較して低い場所で寝起きしています。
これによって、地面から発せられる熱や、クーラーからの冷風の影響を受けやすいと言えます。
ペットショップに行けばペット用のクールマットなども販売されているので、そうしたもので暑さ対策を講じてみてはどうでしょうか。
場合によっては夏バテとは違う病気に罹っている可能性もあるため、症状の出方に応じて早急に獣医に相談することをおすすめします。