胃腸の冷え

胃腸の冷え

夏バテのリスクが高まる時期に入ると、そうめんをはじめとした簡単なものにメニューが傾きがちです。
ですが、体力がなくなるときだからこそ、栄養バランスに優れた食事を優先的にチョイスしましょう。

一食で大量に食べないで、毎日しっかり三食食べることが大切です。
今まで朝ごはんを食べてこなかった人も、出来るだけ食べるようにしてみましょう。
暑い日に冷たい食事を摂るのはあながち間違いではありませんが、常に冷たい料理を食べるというのは控えた方がいいでしょう。

冷たいものばかり口にすると、食べ物を消化する働きが弱くなってしまいます。
夏バテのせいで食欲が減退してしまうこともありますが、その場合は、酢の物を追加するといいでしょう。
酸味の効いた料理のみならず、スパイスを駆使した料理には、食欲が湧く効果があります。
夏バテを避けるには水分をしっかり摂ることが欠かせませんが、食事のたびにコップ一杯の水を飲むように癖付けをしましょう。

勤め先などが冷房で極端に冷えている際は、体だけでなく胃腸なども冷え切ってしまうことがあります。
胃腸の冷えが起こると消化の働きが弱くなってしまうので、ホットドリンクなどで温めましょう。
これ以外に、食事をするリズムを一定に保つことも大切です。
出来るだけ毎日決まった時間に食事をするようにしましょう。

夏バテの症状が進んでいる場合は、消化の働きが弱まっていることを考慮し、いつもと比べてゆっくり噛むことを意識しましょう。
ちなみに、食事を終えてからの休憩も大切です。
食べ終わったら、30分が経過するまで体を動かさず、休憩する時間を取りましょう。