栄養バランス

栄養バランス

夏バテ予防としては、栄養バランスの取れた食事をし、水分をしっかり補給することがいいと言われています。
ただ、眠りも重要な要素になることは、世間に認知されていないかもしれません。
通常の人間は、体の疲労を睡眠でなくしています。

つまり、夏バテを引き起こしている際に、しっかり睡眠時間を確保できていないと、ますます体調を崩してしまうことになりかねません。
エアコンは体に悪影響を与えると責められるときがありますが、蒸し暑い部屋では良質な睡眠は得られません。

快眠が得られる環境を整えるために、賢く冷房を使うと便利です。
冷やしすぎるのも体によくないので、28度程度が最適です。
また、朝までエアコンを利用し続けるのではなく、眠るタイミングで勝手に止まるようにタイマー設定をしておきましょう。

身体の熱が失われると、体温をキープしようと体力を使ってしまいます。
この結果として、長く眠れたとしても、疲れが取れないという状況になることもあります。
このことは扇風機にも言えることで、1時間程度で止まるようタイマーを設定して就寝しましょう。
スーパーやホームセンターなどに行ってみると、快眠のためのグッズも販売されていたりするので、気に入ったものがあれば手に入れましょう。

睡眠というものは、夏バテを解決するのに忘れてはならないことの1つです。
心地よい眠りを得るために、お風呂に浸かることでリラックス出来るように習慣化しても効き目があるでしょう。
低温のお湯に長時間入浴するとリラックス効果がもたらされます。
夏バテだと思ったら、良質な睡眠をとれているか思い返してみましょう。