冷房の温度設定

冷房の温度設定

夏バテを防ぐために、冷房の温度設定をかなり低くしている人も見られますが、これでは逆効果です。
それというのも、室内が寒いと、屋外との温度差が激しくなってしまうからです。
外と中を頻繁に出入りする仕事に就いている人などは、冷房で部屋を冷やしすぎないように気をつけましょう。

暑い場所で過ごしていると、とめどなく発汗しますよね。
これは、体温が上がりすぎないように体が調整しているからです。
ところが、冷房の効いている部屋に行ってきたとしても、体が「涼しくなった」と感じるのは、それなりに時間が進んでからです。

体が慣れるまでは、体の内部の熱がずっと放出されている形になります。
屋内と屋外で現われる温度差は、極力5度以内にしておきたいところです。
とはいえ、最近は40度以上の暑い日になってしまうような例もたくさんあります。
そのときは冷房を30度以上の温度に設定しなければならないということになります。

それでは体が休まらないので、あまり冷えすぎていない場所に一定の時間いるようにするなど、自分で出来ることを考慮すべきです。
体のことを考慮するのなら、目安として25度〜28度の室内を保つのが良いと考えられています。
28度だと人によってはけっこう暑いかもしれません。
自律神経のバランスを崩さず、夏バテを防いでいくためには、その程度が無難だということを覚えておきましょう。

男女でも違いがあり、女性の多くは寒さに強くありません。
よって、冷房の温度設定と照らし合わせ、女性は薄手の長袖を着るなどの方法をとって、夏バテを回避しましょう。

暑い夏にスーツを着るのは辛いものがありますよね。
既製品を着ていることにより体型に合わないので動きづらい、生地の通気性が十分でないなどの着心地の悪さからくる不快感ではないのでしょうか。
そんな仕事中の負担を少しでも減らしたい方におすすめなのがオーダースーツです。
今はオーダースーツもだいぶ手を出しやすい金額で仕立てられるようになりました。
ゼルビーノではビジネススーツの他にフォーマルスーツも取り扱っているので、既製品を購入しようとしている方はオーダーメイドも視野に入れてみてはいかがですか?

新宿のオーダースーツはゼルビーノ