水分を摂る

水分を摂る

夏バテを防止する手立てとして、不可欠と言えることとして、水分を意識的に摂ることがあります。
常日頃からこまめに水を飲む癖を付けている人もいるかもしれませんが、そんなに意識していない人も暑い時期は水分を大量に飲むことをおすすめします。

体温調節にトラブルが発生すると、夏バテがあらわれやすくなります。
さらに、体温の調節は、汗を放出しないとうまく出来ません。
汗は水でできているので、汗を正常にかくには水分が必要だと言えるのです。
また、たくさん汗をかいたとしたら、より多くの身体の水分がなくなったということなのですかさず補いましょう。

ですが、水分を摂る場合にも注意があります。
それは、冷えすぎた飲み物を飲まない方が望ましいということです。
暑さを紛らわしたいと考えると氷をたくさん入れて、キンキンに冷やして飲む機会が増えます。
ですが、冷たいドリンクは胃腸の機能を弱らせてしまいます。
夏バテになると、消化能力が落ちてしまうわけですが、極端に冷えた飲み物はこれに拍車をかけることになるため気をつけます。

そうはいうもののぬるいものはあまり気が乗りませんよね。
このような場合には、冷えすぎていない飲み物を時間をかけて口にする方法がおすすめです。
どの飲み物をチョイスするかですが、水や麦茶、緑茶などが好ましいでしょう。
甘味料が含まれるジュースは、甘味成分によってかえって口渇感を引き起こすケースもあります。

そして、アルコールは利尿作用が強いので、夏バテの症状がある時には良くないでしょう。
気温の高い日は頻繁に水分を補給するように注意し、口渇感を感じる前に水を飲むことを心がけましょう。